ミッション パッション ハイテンション

YU BLOG

世界一周 中米編

自然×遺跡!ティカル!!

更新日:

グアテマラは、セムクチャンペイを離れ、
また約半日バスに揺られてフローレスという町に来ました。

この町は、ティカルという、マヤ文明のジャングルの中の有名な遺跡への窓口となっています。

フローレス島という、湖にうかぶ島一体が、ティカル観光用に作られた町のようです。
これまたアメリカ人の町、という皮肉の意味を込めて、
『グリンゴテナンゴ』と呼ばれたりもするようです。
(グリンゴはアメリカ人、テナンゴは○○テナンゴという町がグアテマラに多い)
まさに観光用の町、という感じで、ティカルくらいしか見所が無いのですが・・・

ということで、早速着いた翌日ティカルに行ってきました。

プランは3パターン。
①朝日ツアー
3時発。ティカル遺跡に登る朝日を観るツアー。
ただ、入場料・ガイド込みで約5500円。

②朝からティカルツアー
4時半発。朝日は見れないが、時間一杯ティカルを堪能できる。
入場料・ガイド込み、約4200円。

③ティカル行くだけ
朝イチならいつでもOK。自由行動。
入場料込み、約3200円。

って感じ。
ガイドは、最近朝は曇っているから朝日はみれんだろうとのこと。
でもせっかくなので、3時起きのツアーに行ってきました。

3時集合時点では、満月がくっきり見え、晴天。
これは朝日が見れそうだ、と期待が募ります。

1時間半ほどバスに揺られて着いたティカル。
あたりは真っ暗です。霧が出ており、なんだか不穏な雰囲気。。

みんな懐中電灯で道を照らしながら、ティカルで一番大きな4号神殿を目指します。
階段を上って、一番上はこんな感じ。
ここに100人近くが腰かけて朝日を待ちます。
$河野 有の『人生波瀾爆笑!』日記

そして、朝日はといえば、
$河野 有の『人生波瀾爆笑!』日記
霧・・・
でした。

でも、朝になって獣や鳥が眠りから覚め、新しい一日が始まる瞬間を
神殿の上から眺めるという体験はとても神秘的なものでした。

ちなみに晴れた時の眺めはこんな感じ。(約2時間後)
$河野 有の『人生波瀾爆笑!』日記

その後は、ジャングルの中を歩き、遺跡探索です。
またしてもインディージョーンズを彷彿とさせる感じ。

ピラミッド前でJUMP!
$河野 有の『人生波瀾爆笑!』日記

マヤ文明の政治の中心地。
$河野 有の『人生波瀾爆笑!』日記

一番有名な1号神殿。
$河野 有の『人生波瀾爆笑!』日記

という感じで、ティカル観光を終了したのでした。
我々が行った際にも、映画の撮影が行われていて、やはり画になる風景でした。

ただ、個人的には同じ自然×遺跡でいうと、マチュピチュの方が勝っているかな。
まぁ知名度も全然違うのですが。

ということで、駆け足ですがグアテマラ終了!
次は北上してメキシコを目指します!!

-世界一周 中米編

Copyright© YU BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.